アジャイル開発の失敗事例

顧客の要望を聞き出し、最短距離でソフトウェア開発ができるため、アジャイル開発を導入するメリットは大きいと思われがちですが、決して良い側面ばかりではありません。もちろん、アジャイル開発の導入の仕方次第では、失敗してしまうこともあります。ここでは、アジャイル開発の失敗事例について調査してみました。

f:id:thuyttt254:20200213165031p:plain

コミュニケーションの欠如によって失敗に終わる

アジャイル開発が最高のパフォーマンスを発揮できるのは、顧客とシステムエンジニアが良好な関係を築けているからです。万が一、同じ目標に向かって進むことが困難な状況に陥った場合、すべてが失敗に終わってしまいます。

例えば、顧客とシステムエンジニアの中にはコミュニケーションギャップがあります。このような関係性では、双方に不信感がつのってしまい、当初目標としていたものを作り上げることは難しいでしょう。

アジャイル開発では、1週間~2週間ごとに、積極的な意見交換が行われるため、どちらかが消極的にならず、常に積極的な姿勢が求められます。

納期を意識した反復行為が行われない

読み続きはこちら:http://next-offshore.com/2020/02/13/agile-development-failure-reasons/